カナダ羽毛協会ロゴ homeaboutus canadian down promotion infomation contact us sitemap
プライバシーポリシー
ダックイメージ
イメージ
<カナダコロニアルグースの特長>
• 生育期間が長い
• 自家消費
• 寒暖の差が激しいため、ダウンボールが大きい
• 希少価値が高い…日本への輸入実績(2014年)
  カナダ     18t
  フランス  358t
  ハンガリー 124t
農場風景
<コロニーについて>
  • カナダ全土で300カ所以上ある。(孵化場は12カ所)
  • 1,000〜6,000羽/コロニー
  • ライフプラック(手摘み)は昔は行っていたが、今は やっていない。
  • ハテライト(宗教集団)では6歳までドイツ語を話し、 その後英語を習う。
  • アルバータ、サスカチュワン、マニトバは内陸に位置し、 大陸性気候である。
    夏:25〜28℃  冬:-10℃〜-30℃
  • コロニーは、工業地帯がなく、水源に近いところにある。
    よって、水が大変きれい。
  • 嫁入り道具として、羽毛布団を作って渡す風習がある。

<カナダ羽毛の産出量>

粗毛
ハイダウン
飼育期間
Hutterite
WG
375,000kg
50,000kg
23~26週
WD
750,000kg
75,000kg
14~18週
Pekin
WD
1,500,000kg
180,000kg
42~50日
Farm
WG
24,000kg
6,000kg
11~14週
WD
53,000kg
8,000kg
8~12週
Wild
GG
6,000kg
1,400kg
-
(2~20年)
Eider
WD
500kg
-
(2~15年)
Hutterite:
ハテライトコロニーで飼育されているグースとダック
Pekin:
カナダで飼育されている「ペキン種」という鳥種
Farm:
一般的な農場で飼育されているグースとダック
WG:
ホワイトグース
WD:
ホワイトダック
GG:
グレーグース(シルバーグースともよばれています)
Wild:
ハンティングで採れるグース
Eider:
アイダーダックは保護対象の渡り鳥。鳥達に影響を与えないよう巣から手で採取され、1巣あたり15〜25gに制限されています。